パーソナリティ障害とは 

自律神経失調症・パニック障害克服プログラム(サポート有)

近年増加しているパーソナリティ障害。その特徴によって様々なタイプにわけることができます。パーソナリティ障害は今日では改善が可能だと考えられています。

サイトマップ

薬物療法は有効?

生活の支障が大きいケースほど、薬物療法は有効性が高いと言えます。



パーソナリティ障害に伴いやすい困難として、過敏性と感情不安定や衝動性があります。

また、抑うつや不安、対人緊張の強さも、生活に支障を生みやすいものです。

これらは、いずれも、薬物療法が有効です。

たとえば、境界性パーソナリティ障害では、少量の非定型抗精神病薬により、過敏性を緩和し、気分安定化薬により、感情の不安定さや衝動性の改善をはかることで、本人も周囲も、生活が容易になります。

認知行動療法などと併用することで、さらに効果が期待できます。

ただし、薬物に依存しやすいケースも多いので、依存性のある抗不安薬などの使用には、慎重でなければなりません。

その意味でも、依存性のない非定型抗精神病薬や気分安定化薬を中心とした処方が安全です。

また、一度に長い日数の処方を行うことは、自殺予防の観点からも避けるべきです。


パーソナリティ障害の治療に使われる薬剤

非定型抗精神病薬

過敏性を緩和し、妄想的になるのを防ぐ。

うつ状態の改善や気分の安定に有効なものもある。

⇒リスペリドン、オランザピン、クエチアピン、アリピプラゾールなど

気分安定化薬

気分の波を小さくしたり、衝動的な傾向を改善する

⇒バルプ酸ナトリウム、炭酸リチウムなど

SSRI、SNRI

不安やうつを改善する。

強迫症状やパニック、過食に効果があるものもある。

⇒フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリンなど

抗不安薬

不安や緊張を抑える。

即効性があるが、依存しやすい。

⇒ジアゼパム、アルプラゾラムなど

三環系、四環系抗うつ薬

うつ症状が重く、SSRI、SNRIに反応しない場合に用いる。

口渇、便秘などの副作用が強い。

うつ病改善マニュアル&障害年金請求
パーソナリティ障害が潜んでいる
パーソナリティ障害とは何?
パーソナリティ障害は性格?病気?
幼い頃からパーソナリティ障害?
パーソナリティ障害の診断
パーソナリティ障害に共通する症状
パーソナリティ障害の原因は遺伝?環境?
最も重要な環境は親
社会的な環境要因も関係している
発達障害の子はパーソナリティ障害になりやすい?
他の疾患と合併することがある?
クロニンジャーの七因子理論
パーソナリティ障害は10タイプ
いろいろなタイプが合併することもある
職場で起こるパーソナリティ障害問題
恋愛・結婚のパーソナリティ障害問題
パーソナリティ障害と間違われやすい双極性U型障害
パーソナリティ障害は治る?
診察を受けるとき
薬物療法は有効?
認知行動療法
弁証法的行動療法
対人関係療法
克服するためには囚われを自覚する
パーソナリティ障害をパーソナリティスタイルに変える
運命の正体はパーソナリティの偏り?
摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル
リンク集
最短9分でパニック障害を克服!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害克服プログラム
うつ病で障害年金2級★完全マニュアル
パニック障害や不安障害を防ぐには?

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
住宅ローン 金利 見通し

































パーソナリティ障害とは All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。