パーソナリティ障害とは 

自律神経失調症・パニック障害克服プログラム(サポート有)

近年増加しているパーソナリティ障害。その特徴によって様々なタイプにわけることができます。パーソナリティ障害は今日では改善が可能だと考えられています。

サイトマップ

クロニンジャーの七因子理論

パーソナリティ(人格)は、生まれつきの要素が強い「気質」と、後天的に身につけた「性格」が合わさったものです。



アメリカの精神科医ロバート・クロニンジャーは、気質の要素として「新奇性探求」「損害回避」「報酬依存」「固執」の4つを、性格の要素として「自己志向」「協調」「自己超越」の3つを抽出しました。

新奇性探求は新しい刺激を求める傾向で、高い人は、好奇心旺盛で飽きっぽく、低い人は現状維持を優先します。

損害回避の高い人は、慎重で堅実で、低い人は危険な賭けを好みます。

報酬依存の高い人は、褒められると頑張りますが、低い人は、周囲の評価に無関心です。

固執の高い人は、融通が利かず、低い人は柔軟です。

自己志向は、自分の考えを実現しようとする傾向で、自己志向の低い人は、他人の考えに合わせてしまいます。

協調は、人と仲良くやっていく傾向で、低いと孤立的に振る舞います。

自己超越は、他人のために奉仕しようとする傾向で、低いと自分の利益ばかりを追求します。

クロニンジャーは、パーソナリティ障害になってしまうのは、性格の部分が貧弱であるためだと考えました。

うつ病改善マニュアル&障害年金請求
パーソナリティ障害が潜んでいる
パーソナリティ障害とは何?
パーソナリティ障害は性格?病気?
幼い頃からパーソナリティ障害?
パーソナリティ障害の診断
パーソナリティ障害に共通する症状
パーソナリティ障害の原因は遺伝?環境?
最も重要な環境は親
社会的な環境要因も関係している
発達障害の子はパーソナリティ障害になりやすい?
他の疾患と合併することがある?
クロニンジャーの七因子理論
パーソナリティ障害は10タイプ
いろいろなタイプが合併することもある
職場で起こるパーソナリティ障害問題
恋愛・結婚のパーソナリティ障害問題
パーソナリティ障害と間違われやすい双極性U型障害
パーソナリティ障害は治る?
診察を受けるとき
薬物療法は有効?
認知行動療法
弁証法的行動療法
対人関係療法
克服するためには囚われを自覚する
パーソナリティ障害をパーソナリティスタイルに変える
運命の正体はパーソナリティの偏り?
摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル
リンク集
最短9分でパニック障害を克服!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害克服プログラム
うつ病で障害年金2級★完全マニュアル
パニック障害や不安障害を防ぐには?

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
金利 予想



パーソナリティ障害とは All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。